『読書の腕前』

暖かかったのが、急に寒くなったせいか、風邪気味。周囲でインフルエンザも流行しているようだ。

通勤途中に、神保町駅売店でマスクを買う。売店のおばさんが「昔ながらのやつがいいか、今ふうのやつがいいか」と訊くので、少し悩むも、今ふうのを頼む。

職場に着いて、袋を開けて取り出すと、昔ながらのマスクが出てきた。これが「今ふう」ということはないから、おばさんが間違えたのだろう。

今、読んでいる内田樹『狼少年のパラドクス』の文章中に出てくる、ある数字が間違いではないかと気になる。いくつかの数字が、実際の数字の10倍になっている。考え出すと、強迫的にそのことが頭の一角を占めてしまった。普段、本を読んでいて、間違いに気付いても、もちろん放置しておくのだが、今回は気になって仕方がないので、内田先生のブログに書き込んでしまう。

やはり、気になった部分は間違いだったようだ。そのことに対するコメントも、きちんと内田節。

<深川いっぷく>http://www.fukagawa-ippuku.jp/で行われる「いっぷく・いっぱこ古本市」用の本を、段ボールに詰めて発送する。毎日、少しずつ本を職場に持ってきて、昼休みに値付けをしていたのだ。意外箱に入らず、あと2箱はできそう。一部は補充用になるにしろ、少し持ってきすぎたか。

岡崎武志さんの『読書の腕前』(光文社新書)が発売になったらしい。帰りに職場のそばの本屋に寄ってみる。ここには、まだ、入っていないだろうと思いながら、新書の棚を覗くと、並んでいた。

帰りの電車で、『読書の腕前』を読み進める。面白くて、すいすいと進み、家に着くまでに3分の2ぐらい読み終わる。一気に読み終えるのはもったいないので、今日は、ここまでにしておこう。

「はじめに」で、岡崎さんは、読んでいる最中に、無性に別の本が読みたくなる、そんな本が読書について書かれた本としてはベストだと書いている。「はじめに」で触れているマーサ・グライムズの『桟橋で読書する女』が、早速、読みたくなった(マーサ・グライムズは、ミステリーのベストテンの常連だった××亭シリーズで知っていたが、この作品は知らなかった)。その後も、読みたくなる本が次々と。

堀江敏幸『雪沼とその周辺』(新潮社)を読了。この居心地のよい小説世界にいつまでもひたっていたいと思いながら本を閉じた。そして、本棚まで行き、同じ著者の『いつか王子駅で』を取り出し、頁を開いた。『雪沼とその周辺』所収の「送り火」が今年のセンター試験の国語の問題として出題されたらしい。どんな設問になっているのか。

雪沼とその周辺

雪沼とその周辺

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
★イベントをやります。多くの方の参加をお待ちしています。和田さんと打合せを行いました。楽しいイベントになる予感。楽しく面白い話、憤慨する話、考えさせられる話、和田さんから、いろいろな話を引き出すべく頑張ります!
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
<ふぉっくす舎><食堂 アンチへブリンガン>共催
猿楽町食堂学校 1時限目
4月22日(日)午後3時30分〜5時30分(開場 午後3時)
「日本一の病院マニア」は見た! 体当たり爆笑病院放浪記 『ワガママな病人vsつかえない医者』(文春文庫PLUS)刊行記念
和田靜香バラエティ・トークショー「病気と音楽と相撲のはなし…あと農業も!」
チャージ 1000円+1ドリンク以上オーダー
定員25名
会場 <食堂 アンチヘブリンガン>千代田区猿楽町2-7-11ハマダビルヂング2階(水道橋駅徒歩5分・神保町駅徒歩10分)03-5280-6678
トーク終了後、午後8時まで、店内で引き続き飲食できます
参加希望の方はメールでご予約ください。「トークショー参加希望」と件名に記入のうえ、<ふぉっくす舎> negitet@yahoo.co.jp まで。 1.お名前 2.人数 3.お電話番号(念のため) を必ずご記載ください
和田靜香さんプロフィール:千葉県市川市生まれ、静岡県沼津市育ちの音楽評論家。音楽評論家/作詞家の湯川れい子さんのアシスタントを経て独立。ひこぽん〜和田靜香のコラム〜病院ウオッチングと洋楽こぼれ話。→http://homepage3.nifty.com/hypochon/