<往来堂書店>のトートバッグを手に入れた

foxsya2006-12-14

毎日、ずっと8時間あまりの会議でへばり気味。

気分転換に、昼休みに本を買いに千駄木の<往来堂書店>http://www.ohraido.com/index_n.cgi まで行く。現在、開店10周年を記念して、購入金額に応じてオリジナルトートバッグがプレゼントされる。厚手のものが10,000円以上、薄手のものが5,000円以上。

このミステリーがすごい!」「週刊文春ミステリーベストテン」など、各ミステリー系の年間ベストが発表されているので、正月休み用に、興味のあるものを買っておく。道尾秀介『シャドウ』(東京創元社)、カルロス・ルイス・サフォン『風の影(上下)』(集英社文庫)など。小林信彦『映画が目にしみる』(文藝春秋)は、まだ入荷していないようだった。

5,000円以上になり、薄手のものならもらえるが、厚手のものも半額の630円になるということだったので、厚手のものを購入。早速、猫のイラストがあしらわれているバッグに、買った本を入れてもらう。

ローリー・リン・ドラモンド『あなたに不利な証拠として』(ハヤカワミステリ)を読了。元婦人警官の作家による、婦人警官たちを主人公にした短篇集。買ったのは、随分前だが、一つ一つの短編をゆっくりとぽつりぽつりと読んできた。ミステリーだが、決してエンターテインメントではなく、ケレンが全くない。それでいて、とてもひきつけられる。リアルな登場人物の魅力だろう。「純文学」だという人もいるが、カテゴリにあまり意味があるとも思えない。いくつかのミステリ系の年間ベスト1になっているので、それを知らせる腰巻を版元がつけているのだが、元の装丁を全て消してしまっている。これってポケミスの装丁の否定にならないか。