夏休みの宿題をためにためた小学生時代を思い出しつつ、先週と今週の

ブログ未記載の8/13から今まで、かなりの本を買い、読んだりしているが、どこから書いたらいいのか収拾もつかないので、とりあえず、西荻窪ハートランドhttp://www.heartland-books.com/の借りている棚への先週と今週の品出しを記載しておきます。本当に日々の積み重ねが大切と実感しつつ、夏休みの宿題をためにためた小学生の頃を思い出します。

★先週の品出し
加藤丈夫『『漫画少年』物語 編集者・加藤謙一伝』(都市出版)1,000円
藤原新也『インド行脚』(旺文社文庫)700円
森達也『池袋シネマ青春譜』(柏書房)800円
窪島誠一郎『『明大前』物語』(筑摩書房)800円
ちくま文学の森『悪いやつの物語』(筑摩書房)800円
ちくま文学の森『おかしい話』(筑摩書房)800円
ちくま文学の森『おかしい話』(筑摩書房)700円
ちくま文学の森『心洗われる話』(筑摩書房)800円
ちくま文学の森『怠けものの話』(筑摩書房)800円
ちくま文学の森『変身ものがたり』(筑摩書房)800円
小林信彦『夢の砦』(新潮社)1,200円
赤瀬川原平『いまやアクションあるのみ!―〈読売アンデバンダン〉という現象』(筑摩書房)1,500円
『考える人 2004夏号』(新潮社)600円
『考える人 2004秋号』(新潮社)600円
ちくま日本文学全集江戸川乱歩』(筑摩書房)500円
ちくま日本文学全集福永武彦』(筑摩書房)500円
開高健ベトナム戦記』(朝日文庫)800円
糸井重里『私は嘘が嫌いだ』(ちくま文庫)500円
萩尾望都『赤っ毛のいとこ』(小学館文庫)500円
萩尾望都『精霊狩り』(小学館文庫)500円
野溝七生子『女獣心理』(講談社文芸文庫)700円
つげ義春ねじ式』(小学館文庫)500円
つげ義春『紅い花』(小学館文庫)500円


★今週の品出し
藤原マキ『私の絵日記』(北冬書房)900円
柴田元幸『猿を探しに』(新書館)800円
池上冬樹『ヒーローたちの荒野』(本の雑誌社)800円
岡崎香編著『シアター・ドロップス 小劇場の友』(青山出版社)700円
吉行淳之介砂の上の植物群』(東方社)700円
吉行淳之介『やややの話』(文春文庫)400円
吉行淳之介『街の底で』(角川文庫)500円
吉行淳之介『すれすれ』(角川文庫)500円
吉行淳之介『恐怖対談』(新潮文庫)500円
吉行淳之介『私の文学放浪』(講談社文庫)500円
吉行淳之介『ぼくふう人生ノート』(集英社文庫)400円
吉行淳之介『面白半分のすすめ』(角川文庫)500円
小林恭二『ゼウスガーデン衰亡史』(福武文庫)500円